大麻と新しい CBD: H4CBD、THCP、HHC

ドイツ当局者が大麻法案、よりオープンな政治への一歩、グリーン市場の新時代について議論する。
  1. ドイツやメキシコなどの新しい市場によって成長が促進され、2026年までに570億ドルに達すると予測されている大麻市場の目もくらむような潜在力📈をご覧ください。
  2. ドイツは現代の健康重視の政策を追求し、大麻H4CBD、THCP、HHCの合法化に向けて大きな一歩🚶を踏み出し、国民と経済にとって歴史的な転換点を迎えています。
  3. 現在進行中の法改正🌿により、合法販売や自家栽培を視野に入れた、ドイツにおける管理された合法化への扉が開かれる可能性があります。

大麻産業は世界的に活況を呈しており、最近のBDSAの報告書によると、その規模は2026年までに570億ドルという驚異的な規模に達する可能性があるという。このブームは特にニュージャージー州やニューヨーク州などの新興市場で顕著であり、今後も好調な売上が続くと予想される。 BDSAのロイ・ビンガム最高経営責任者(CEO)は、米国での若干の減速にもかかわらず、ドイツやメキシコなどの国々の革新的な法律の推進により、全体的な成長は引き続きダイナミックであると強調する。 CBD そして大麻とその派生品は、この穏やかな革命の中心です。

グリーン改革を求めるドイツ H4CBD、THCP、HHC

アメリカの例に触発された意思決定者

9月、ブルクハルト・ブリナート氏を含むドイツの保健当局者らは、大麻産業発祥の地である北カリフォルニアからインスピレーションを得た。そこで彼らは主要な関係者と会い、調剤業務を注意深く観察しました。この訪問は、方針を変更し、特に健康指向の現代的な政策を採用したいという願望を象徴しています。 CBD 先鋒として。

ブルクハルト氏は、ドイツにおける大麻使用者の犯罪化をやめ、政策をより慈悲深いモデルに導くという明確な野心を表明した。大麻とその派生品にとって、新たな時代が始まりつつあるようです。 H4CBD, HHC, THCV そして THCP.

法案が進行中

しかし、改革への道には落とし穴が散りばめられている。一般にリークされた合法化プロジェクトの詳細は、まだすべての当事者の同意を得ていない提案があり、まだ決定が保留中であることを明らかにしています。特に青少年保護に関する懸念が議論の中心となっている。現在の提案では、年齢に応じたTHC濃度制限を設け、成人向けに20グラムまでの販売を合法化することを検討している。

今は、CBDと大麻が主導的な役割を果たすことができる、予防と自由の間でバランスをとる理想的な時期ではないでしょうか?

世界的な目覚ましい成長と新たな機会を示す、2026 年の大麻市場の可能性を示すインフォグラフィック。

H4CBD、THCP、HHCのバランスのとれた合法化に向けて?

青少年保護が議論の中心

シモーネ・ボルシャルトやその他の影響力のある声は、教育と予防を無視した性急な合法化に対して警告している。彼らは、過度に制限的な規則によって闇市場が有利になり、若者の保護が損なわれることを懸念している。のような製品 CBD しっかりとした教育および予防の枠組みに統合されていれば、合法化された市場への健全な移行のための強力なツールとなる可能性があります。

より魅力的な法務市場の追求

課題は、合法的な市場を違法性よりも魅力的なものにすることです。キルステン・カッパート・ゴンサー博士は、消費者の関心を真につかむ合法化の重要性を強調し、次のような製品が重要であることを示唆しています。 CBD そしておそらく THCV そしてその THCP より競争の激しい法律市場に貢献できる可能性があります。

規制と自由の間の微妙なバランス

アライアンス90/緑の党のクリスティン・リュトケ氏は、現在の提案が制限的な性質を持っていると批判している。彼女は、消費者が闇市場に頼ることを奨励しない改革を求めており、その呼びかけは、社会の変革を望む人々の共感を呼ぶものである。 CBD 責任ある消費の柱となる。

Wiki-Cannabis 読者の皆様、リラックスの選択が、一日の終わりに CBD ティーを一杯飲むのと同じくらい自然で有益になる時代を考えてみてください。という文化が生まれる瞬間。

大麻市場の成長の可能性は何ですか?

大麻市場は2026年までに570億ドルに達すると予測されており、ドイツやメキシコのH4CBD、THCP、HHCなど米国外での成長が顕著である。

ドイツにおける大麻合法化の最新の進歩は何ですか?

ドイツは現代的な医療政策と個人使用の非犯罪化を目指し、大麻合法化の改革に取り組んでいる。

ドイツで大麻を合法化する計画には何が含まれますか?

ドイツのプロジェクトでは、成人向けに最大20グラムの合法販売を想定しており、2本の大麻植物の個人栽培が許可される予定だ。

コメントする

ja日本語